腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

大動脈瘤が原因の腰痛

動脈硬化などで腹部の大動脈に瘤ができて徐々に膨らんで大きくなって脊髄を圧迫すると、安静にしていても血管性腰痛として腰の痛みを感じることがあります。
腹部大動脈瘤が破裂すると激しい腹痛や腰痛を引き起こします。腹部大動脈瘤の出血は腹部から腰部に広がることが多いため腹痛や腰痛が起きます。大動脈瘤からの出血が一時止まって腹痛や腰痛の症状が軽くても後で大出血することも多く、急激な血圧低下などを起こして高い確率で生命が危険にさらされることになるため、即刻、手術が必要になります。

腹部大動脈瘤は腹部の大動脈がこぶ状に膨らんだ状態です。破裂する前の腹部大動脈瘤の発見が重要になります。腹部動脈瘤の症状の特徴は拍動性腫瘤です。腹部動脈瘤が大きくなると臍(へそ)周辺にドキドキする拍動性腫瘤(こぶ)に触れることで発見されることが多いものの放っておかれることも少なくありません。また、拍動性腫瘤があっても腹部の脂肪などで気づかれないこともあります。
腹部大動脈瘤が大きくなると破裂する危険性が高まります。高血圧の場合は腹部動脈瘤の破裂の危険度が増します。腹部動脈瘤を治す薬はありませんから、大きくなれば手術になります。腹部動脈瘤がそれ程大きくなくとも高血圧であれば血圧を上げない治療が行われます。

 - 腰痛と内臓・血管の病気

PC用

PC用

  関連記事