腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

子供に多い筋膜性腰痛症

子供の腰痛に筋膜性腰痛症があります。主に腰を支える筋肉や靭帯などの緊張や疲労による腰痛で、子供の筋膜性腰痛症が原因の腰痛は、身長の急速な伸びに筋肉の成長が追いつかないためで、主にスポーツなどによる筋肉疲労、背筋と腹筋のアンバランス、過度に腰を捻ったり反る動作によります。
筋膜性腰痛症による子供の腰痛の治療は主に運動療法で、背筋・腹筋の筋肉の強化になります。日頃の悪い姿勢の改善も大切です。

成人になってから腰痛に悩まされないためにも、子供の腰痛を見逃さないようにする必要があります。子供が腰痛を訴えたら脊椎分離症の可能性もありますので病院の受診をしましょう。痛み止めの薬や湿布などは一時的に症状を改善するものです。良くなったようでも腰痛の原因が残っている可能性がありますから、注意が必要です。

 - 子供の腰痛

PC用

PC用

  関連記事