腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

生理中の腰痛

生理前または生理中に腰痛が起きることがあります。生理前にプロンスタグランジンとリラキシンと呼ばれるホルモンの分泌量が増えることによる影響かもしれません。

プロンスタグランジンは生理中に子宮を収縮させて経血排出を促す作用があるのですが、分泌量が多いと子宮収縮が強まり、下腹部の痛みや腰の痛みを感じることがあります。
リラキシンは骨盤を緩める作用があります。リラキシンは妊娠中に分泌量が増えますが、生理前にも増えます。リラキシンは骨盤を緩めて経血排出を促す作用もありますが、骨盤の緩みは骨盤周辺の筋肉に負担をかけて腰の痛みを感じることがあります。さらに腰筋肉が緊張することで血行が悪くなって痛みが強まることもあります。

生理(月経)による腰痛の原因が婦人科の病気の月経緊張症や月経困難症などであることがあります。腰痛の原因が子宮の病気の場合は婦人科で治療をしてください。子宮の病気を放っておくと不妊症の原因にもなりますので、ためらわずに婦人科の受診を受けることをおすすめします。

冷え性体質の女性に生理中の腰痛が多く見られます。生理中の腰痛予防対策としては、冷え性対策する、骨盤の歪みの原因になる姿勢に気を付ける、腰周辺の筋肉を強化するなどがあります。

 - 女性の腰痛

PC用

PC用

  関連記事