腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰痛と妊娠出産

妊娠中の腰痛の原因には体重や姿勢の変化と女性ホルモンがあります。個人差はありますが、関節靭帯を緩める作用のあるリラキシン(女性ホルモン)は、妊娠3ヶ月から産後数日の間多く分泌されます。リラキシンは特に骨盤の恥骨結合と呼ばれる部分を緩めて出産をスムーズにする作用があるのですが、関節靭帯を緩める作用は腰痛の原因にもなります。
更に、妊娠による体重増加に加えて、赤ちゃんが成長するにつれてお腹が大きくなるため重心が前に移動します。この重心の前方移動によって腰椎や骨盤が前傾して、腰椎(椎間板・筋肉・靭帯など)や骨盤にかかる負担が増します。また、運動不足になりがちになるため筋力も低下してしまいます。

腰痛知らずだった人でも妊娠中期から後期に腰痛に悩む人が増えます。

妊娠と腹帯・晒し(さらし)

医学的には腹帯は必要ないと考えられており、病院で腹帯は必要ないといわれることがあります。腹帯は、暑ければ止めてもよいですし、巻いたほうがお腹が気持ちよければ巻けばよい、といったレベルのようです。冷えるのが心配だったり、何か着けないと不安な場合は、腹部の皮膚に跡が付かないような下着や腹帯を着けるのがよいです。
腰が痛い場合は、晒し(さらし)を利用する方法がありますが、晒しをうまく巻けない場合は、市販の腰部保護プロテクターやベルトを使用するのもよいです。使用にあたっては医師や助産婦さんに相談してください。

 - 女性の腰痛

PC用

PC用

  関連記事