腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

骨粗しょう症は骨量が目安

骨量が骨粗しょう症の目安になります。骨量測定を定期的に行って、骨粗しょう症予防を考えるきっかけにしてください。骨粗しょう症の検査には、骨量測定、脊柱のX線検査(レントゲン検査)、尿検査、血液検査などがあります。

骨の強さは骨量(骨塩量)や骨密度という言葉で表現されます。骨に含まれるカルシウムなどの量(骨塩量)は若年期をピークに年齢とともに減少していきます。減少して骨が非常にもろくなって骨折しやすい状態が骨粗しょう症です。骨量が減少しても自覚症状がないため、骨折・骨粗鬆症予防に定期的な骨量測定が大切です。骨量測定法には、超音波、DXA法、MD法、定量的CT法などがあります。

骨量測定法の種類

○超音波:測定装置に踵(かかと)をのせて踵骨の骨量測定をします。X線を使用しないので母子検診時によく使われます。

○DXA法(デキサ法、二重エネルギーX線吸収測定法):X線で腰椎・大腿骨のほか全身や踵骨・橈骨の骨量測定します。測定時間が短く装置の安全性は良いのですが、患者の体格の影響をうけるという欠点があります。末梢骨(橈骨・踵骨)のDXA法による測定装置が普及しています。装置が小型のため、検診や開業医で使用されることが多いのですが、腰椎や大腿骨頸部に比べて骨折の予知がやや劣ります。

○MD法(エムデー法):日本で開発された方法。手(中手骨)をX線撮影して、X線写真上の濃淡(光学的吸収度)から骨量を測定します。

○定量的CT法(QCT・pQCT):腰椎や橈骨をCT装置を用いて測定します。

 - 骨粗鬆症(骨粗しょう症)

PC用

PC用

  関連記事