腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは、骨の中のカルシウムなどが減少して骨がスカスカになり、骨が折れやすい状態です。骨粗しょう症は女性に多い病気で、60歳代で50%、70歳以上で70%が骨粗しょう症になるといわれています。一方、男性では60歳過ぎから徐々に増加し、70歳代で10人に4人ほどです。

骨粗しょう症は、加齢、女性ホルモン不足、栄養不足、生活習慣、運動不足、日光浴不足、妊娠、遺伝体質など様々です。骨粗しょう症による骨折の殆どが脊柱(背骨)、大腿骨(太ももの骨)、橈骨(手首から肘にかけての親指側の骨)に起こります。

※骨の成分割合は、約70%がカルシウム・リンなどの無機質、約10%が水分、約20%が有機質です。有機質の約90%がコラーゲンです。

 - 骨粗鬆症(骨粗しょう症)

PC用

PC用

  関連記事