腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

変形性腰椎症の症状診断

変形性腰椎症の主な原因は加齢による腰椎の変形です。変形性腰椎症では、腰椎の椎間板が変性して弾力がなくなってクッションの働きが弱くなり、刺激された推骨に骨棘ができたり、推骨の並びにズレがでて腰椎が変形します。

変形性腰椎症は坐骨神経痛を伴う腰部脊柱管狭窄症の原因として最も多く、その場合は欠間欠跛行の症状が現われたります。変形性腰椎症の主な症状は腰痛と足の痛みで、起床時の痛みが強く、腰を曲げる・反らす・回す動作で痛みます。

変形性腰椎症は腰椎X検査で加齢性・退行性の腰椎に変化が見られる場合に変形性腰椎症と診断され、腰痛の軽減などの対症療法になります。また、検査結果が腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変性腰椎すべり症の病態を認めた場合はそれぞれの病名の診断になることがあります。

 - 変形性腰椎症

PC用

PC用

  関連記事