腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰椎すべり症の検査治療

腰椎すべり症はレントゲン(X線検査)を行うことで、腰椎分離症やすべり症の有無や状態を診断できます。ただし、レントゲン(X検査)結果が症状の程度とは必ずしも一致しません。レントゲン(X線検査)だけでは分離部が見えない場合はCT検査を、神経の圧迫の程度や椎間板の状態がを見るためにMRI検査を行います。

腰椎すべり症の治療は基本的に保存療法です。痛みの基本的な治療方法である薬物療法、温熱療法、牽引療法、体操療法、腰痛コルセットなどの装身具で腰を安定させるなどの治療になります。症状が強ければブロック注射をする場合もあります。保存療法で効果が期待できず、症状が日常生活に支障がでるほど重い場合に手術が検討されます。

腰椎すべり症の治療

薬物療法:非ステロイド系の抗炎症剤、ビタミンB剤、ビタミンE剤、消炎鎮痛剤などで症状を和らげます。

ブロック療法:ブロック注射で症状を抑えます。注射で神経伝導路を止める(ブロックする)治療方法です。神経根ブロック・硬膜外ブロックなどがあります。

装具療法:腰椎の後方への反りを制限して前屈位のコルセットなどの装身具で腰椎を安定させます。

リハビリテーション:温熱療法、牽引療法、体操療法などがあります。

手術治療:保存治療の効果が認められず、日常生活に支障がでるほどの重い症状がある場合に手術が検討されます。

 - 腰椎すべり症

PC用

PC用

  関連記事