腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰椎分離すべり症の原因症状

腰椎分離すべり症とは、腰椎分離症が原因で、腰椎がずれる(すべる)ことで痛みが生じる病態です。腰椎分離すべり症の原因となる腰椎分離症の好発年齢は10~15歳で、若年性腰痛の原因の一つです。痛みがない無症状のまま経過して、成人以降に徐々に症状がでてきたり、徐々に腰椎分離すべり症に進行していくことがあります。
骨格が未発達な成長期(骨が成長する時期)に、スポーツなどで繰り返し腰椎をそらしたり回したりすることで腰椎に負担をかけてしまい、腰椎の椎間関節の突起部分が疲労骨折して、椎体と椎間関節突起部が分離してしまうのが腰椎分離症です。腰椎分離症の10~30%が腰椎分離すべり症を発症するといわれています。

腰椎分離すべり症の症状は主に腰痛です。若いころは無症状でも、加齢によって筋肉・靭帯・椎間板の椎骨を支える力が衰える中高年になると、腰痛の自覚症状が出やすい状態になります。
腰椎分離すべり症の痛み方は、後ろに腰を反らすと痛みが強くなり、前かがみ姿勢での腰の突っ張り感や不安定感が現れます。腰痛を繰り返したり、慢性的な腰痛と下肢痛が現れることが多いです。朝起きた時や動作を開始し始めた時に、腰部や殿部が重苦しい・だるいような痛みや違和感があり、痛みは激しい運動や作業後に現われますが、安静にしたり活動を控えると軽減することが多いです。
腰椎分離すべり症が悪化すると、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアと同じような状態になって、坐骨神経痛(神経根圧迫)や間欠性跛行(痛みや痺れで休み休みでないと歩けない)の症状が現れます。重症化しないと排尿排便障害は通常は起こりません。

※腰椎分離すべり症の好発部位は腰椎5番です。

 - 腰椎すべり症

PC用

PC用

  関連記事