腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは、腰椎の関節である椎間関節が壊れたり、椎間板の異常によって腰椎が前後にずれた病態です。ほとんどは前方向にずれます。すべりの程度が大きいから症状も重いというような「すべりの程度」と症状の相関関係はありません。腰痛が主な症状ですが、坐骨神経痛や間欠性跛行の症状が現われることがあります。

腰椎すべり症は、原因によって腰椎変性すべり症、腰椎分離すべり症、形成不全性すべり症があります。多くが腰椎変性すべり症といわれています。
一番多いとされる第4腰椎に好発する腰椎変性すべり症は、主に加齢(老化)による変性が原因とされています。加齢や不自然な姿勢などの生活習慣によって靭帯、椎間板、椎間関節などが緩んで椎骨を支えきれずにすべり症を起こします。圧倒的に中年以降の女性に多い腰椎すべり症です。
第5腰椎に好発する腰椎分離すべり症は、椎体と椎間関節が分離する腰椎分離症が原因ですべり症を起こした状態です。腰椎分離症は骨の成長時期の疲労骨折が原因と考えられています。ただし、腰椎分離症が必ずすべり症を伴うわけではありません。
形成不全性すべり症は、先天的な椎間関節の発育に原因があるすべり症で、稀です。

※すべり症には、怪我が原因の外傷性の腰椎すべり症や、腫瘍や感染など病気が原因の腰椎すべり症もあります。

※脊椎(背骨)は椎骨が連結したもので、椎骨の間には椎間板があってクッションの役割をしています。椎骨の前側(腹側)の円柱状の部分を椎体、その後ろ側(背側)の突起部分を椎間関節と呼びます。靭帯や椎間関節によって連動する椎骨が首や上半身の動きを可能にしています。

 - 腰椎すべり症

PC用

PC用

  関連記事