腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の症状は腰痛・下肢痛・間欠性跛行です。間欠性跛行が腰部脊柱管狭窄症の特徴です。長く立ち続けたり腰・背中を後ろに反らせると下肢の痛みや痺れがさらに強くなります。進行すると、排尿や排便を支配する神経も影響を受けることがあります。腰部脊柱管狭窄症は慢性的な経過をたどることが多いです。

腰部脊柱管狭窄症は、中心型狭窄(脊柱管の中心で圧迫される)と神経根が圧迫される外側型狭窄があります。また、腰部脊柱管狭窄症は間欠性跛行を主な症状として、さらに馬尾型と神経根型、またその混合型に分けられます。馬尾型の腰部脊柱管狭窄症は、両方の下肢の痺れ・脱力感・冷感・灼熱感・足底の異常感覚・排尿障害の症状で、神経根型の腰部脊柱管狭窄症は片足だけの坐骨神経痛の症状です。

腰部脊柱管狭窄症の主な症状

  • 歩行で痛みなどが出てきますが、腰を前かがみにして休むとまた歩行ができるようになります(間欠性跛行)
  • 安静時に症状はないですが、立位で徐々に痛みや痺れなどの症状が強くなります
  • 腰を後ろに反ると痛み・痺れがさらに強くなります
  • 自転車には乗ることはできます
  • 重度の場合、膀胱直腸障害(排尿障害や便秘)などがおきます

 - 腰部脊柱管狭窄症

PC用

PC用

  関連記事