腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰部脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で脊柱管が狭くなって脊柱管の中にある神経が圧迫されておこるものの総称です。50歳代から症状が現われ、60~70歳代で重症化する傾向があります。中高年の男性に多い脊柱管狭窄症ですが、腰椎すべり症を伴う場合は女性に多いといわれています。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状は、腰痛や下肢の痺れや脱力感で、長く歩き続けることができず少し休むとまた歩ける間欠性跛行と呼ばれる症状です。腰椎椎間板ヘルニアと同じ様に坐骨神経痛を伴うこともあります。腰部脊柱管狭窄症の治療は患部の血液の流れを良くすることが基本になります。

脊柱管狭窄症の特徴である間欠性跛行と似た症状のある病気に閉鎖性動脈硬化症・糖尿病・バージャー病などの血管性の病気があります。脊柱管狭窄症と自己判断をせずに専門医の診察をうけることをおすすめします。

腰部脊柱管狭窄症の特徴

腰部脊柱管狭窄症の症状は腰痛・下肢痛・間欠性跛行です。腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴である間歇性跛行とは、歩いている内に下肢の痛みやしびれなどの症状が強くなって足が前にでず動けなくなりますが、しゃがんだりして腰を前にかがめて休むと症状が軽くなって再び歩けるという症状です。

腰部脊柱管狭窄症と同じような間欠性跛行の症状が現われる疾患に閉塞性動脈硬化症があります。足の色が悪い・喉が渇くなどの症状があれば糖尿病による血行障害や神経障害が疑われます。これらの下肢の血管障害による間欠性跛行の症状の場合、前屈みの姿勢にしても症状に変化はありません。いずれにせよ、自己判断をせず専門医の診察をうけることが大切です。

※脊柱管狭窄症には、先天性脊柱管狭窄症と後天性脊柱管狭窄症があります。脊柱管狭窄症の多くは後天性脊柱管狭窄症で、当サイトでは後天性脊柱管狭窄症についてのみ載せています。

 - 腰部脊柱管狭窄症

PC用

PC用

  関連記事