腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアとは、脊椎の椎間板の髄核が飛び出たり椎間板が膨らんで突出することにより、突出部位周辺の神経を圧迫したり炎症が起きて、腰痛だけでなく下肢の痺れ・疼痛・筋肉低下を起こします。坐骨神経痛を伴うのが特徴です。

20歳代~40歳代の働き盛りに多く、腰痛の代表的な病気のひとつです。腰椎椎間板ヘルニアの原因は、椎間板が20歳すぎ頃から年齢とともに弾力が失われることに加えて、不自然な姿勢や腰に圧力のかかる動作の積み重ねなどであるといわれています。椎間板が衝撃や圧迫に耐えきれずに何気ない動作で一気に突出してぎっくり腰の症状を起こすこともあります。近年では若年者の腰椎椎間板ヘルニアで遺伝的要因も指摘されています。

治療の基本は保存治療ですが、保存治療で効果がみられなかったり、膀胱直腸障害や重度の神経症状の場合に手術が行われます。日常生活の中で椎間板に負担がかからない環境づくりと、腹筋・背筋体操や正しい姿勢を心がけて椎間板ヘルニアの予防対策をすることが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアは治る?治らない?

腰椎椎間板ヘルニアになったからといって落胆しないでください。椎間板ヘルニアの多くは数ヶ月から半年で縮小・消失することが多いといわれています。腰椎椎間板ヘルニアが治るといっても、椎間板そのものが完全に回復するのは難しく、何をもって「治る」と捉えるかは個々人で異なりますが、治療を地道に辛抱強く行うことで手術をせずとも次第に改善していきます。椎間板ヘルニアは再発することがありますから、腹筋や背筋の筋力強化や姿勢を正しくするなど日常生活を見直してください。

 - 腰椎椎間板ヘルニア

PC用

PC用

  関連記事