腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰とは、ふとした動作で起きる腰痛の総称で、西洋医学では急性腰痛症、接骨院では腰椎捻挫といわれることが多いようです。ぎっくり腰(急性腰痛症)の症状は、ドイツ語で「魔女の一撃」と呼ばれるほどの激痛が特徴です。
ぎっくり腰(急性腰痛症)のきっかけは、床に落ちたものを拾おうとして前屈みになった、顔を洗おうとして前屈みになった、重い物を持ち上げようとした、振り向こうとして体をひねった、クシャミをしたなど何気ない動作で、腰がグキッとして激痛で身動きができません。

ぎっくり腰は繰り返すと腰椎椎間板ヘルニアに進行することがあるといわれています。また、最近の研究で腰の痛みが背骨(脊椎)の神経だけでなく、内臓の痛みを伝える交感神経も通ることが分かりました。ぎっくり腰が起きると脳が内臓の異常と勘違いして内臓の痛みを感じるのではと考えられています。

ぎっくり腰(急性腰痛症)と筋肉の関係

ぎっくり腰(急性腰痛症)の症状の特徴である激痛のほかに、背中の筋肉が硬直してガチガチの状態や、ぎっくり腰(急性腰痛症)直後に脊椎(背骨)が真直ぐの状態がみられます。ぎっくり腰(急性腰痛症)直後に通常はS字の脊椎(背骨)が真直ぐになっているのは、腰周囲の筋肉群に異常な緊張の連鎖が起きていると考えられています。

  • 筋肉が異常に緊張して筋肉がつったような痛みが起きると同時に、緊張して変形した筋肉が脊椎(背骨)周辺の神経を刺激する
  • 筋肉が異常に緊張すると筋肉の血行が悪くなって痛み物質が蓄積されて痛みが起きる
  • 異常に緊張した筋肉の損傷を防ごうとして周りの筋肉も緊張して新たな痛みを引き起こす

 - ぎっくり腰(急性腰痛症)

PC用

PC用

  関連記事