腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

椎間関節性腰痛症とは

椎間関節性腰痛症とは腰痛の原因が椎間関節にある腰痛の総称です。椎間関節性腰痛症には、急性と慢性があります。椎間関節性腰痛症は筋・筋膜性腰痛症と同様にぎっくり腰(急性腰痛症)の代表的な病態です。急性の椎間関節性腰痛症は30歳代が最も多く、慢性の椎間関節性腰痛症は中高年に多いといわれています。

椎間関節は、椎骨の間にある左右1対の滑膜を有する関節で、椎骨間の支持・連結を行い椎間関節脊柱の働きの制御・安定の機能があります。椎間関節の関節包には脊髄神経後枝が多く分布し、関節軟骨部にも多くの知覚神経が分布してますのから、この関節に変性や炎症が起きると腰痛が現われます。
椎間関節は物理的なストレスを受けやすいため急性腰痛の原因に、また炎症性や変形性の慢性腰痛の原因になります。

一方で、椎間関節が腰痛の原因になることは確かなのですが、CTなどの画像診断や臨床症状からは、椎間関節痛を他の原因痛と区別ができないといわれています。つまり、画像診断は椎間関節性腰痛症の診断方法になり得ないということになります。
腰痛を訴える患者で、椎間関節性腰痛症の原因となる基の変形性関節症による椎間関節の変化が多く見られますが、疼痛と変化した椎間関節は相関しないともいわれています。また、確定診断ができたとしても、椎間関節性の疼痛に有効な治療法がないといわれています。

 - 椎間関節性腰痛症

PC用

PC用

  関連記事