腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

筋・筋膜性腰痛の症状原因

筋·筋膜性腰痛に関係する筋肉には、大腰筋・腸腰筋・大殿筋・脊柱起立筋があります。大腰筋と腸骨筋を合わせて腸腰筋と呼びます。内臓と脊椎の間にあるため深部腹筋群とか「見えない筋肉」と呼ばれる腸腰筋は腰痛と深い関係にあるといわれています。

急性の筋筋膜性腰痛の症状原因

筋・筋膜性腰痛に関係する筋肉が単独で緊張して腰痛になるよりは、それぞれの筋肉が連動して腰痛になる場合が多く、ぎっくり腰の場合は幾つかの筋肉が強く緊張して硬くなり激痛になります。腰の筋肉は意識せずとも常に力が入っています。腰周囲の筋肉群に異常な緊張の連鎖が起きていると考えられています。

 腰周囲の筋肉群の緊張の連鎖

  • 筋肉が異常に緊張して筋肉がつったような痛みが起きると同時に、緊張して変形した筋肉が脊椎(背骨)周辺の神経を刺激する
  • 筋肉が異常に緊張すると筋肉の血行が悪くなって痛み物質が蓄積されて痛みが起きる
  • 異常に緊張した筋肉の損傷を防ごうとして周りの筋肉も緊張して新たな痛みを引き起こす

慢性の筋筋膜性腰痛の症状原因

腰の筋肉は意識せずとも常に力が入っています。腸腰筋による腰痛は、朝起き上がろうとしたときに痛みが強くでます。脊柱起立筋による痛みは、座り仕事や立ち仕事で痛む人が多く、夕方になると痛みが強くなります。

 慢性筋筋膜性腰痛の主な症状

  • 腰が筋肉がこわばって重だるくなりやすい
  • 体を動かした時に腰が痛む
  • 腰に疲労感がある

 - 筋・筋膜性腰痛

PC用

PC用

  関連記事