腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

筋・筋膜性腰痛とは

筋・筋膜性腰痛とは、腰を支える筋肉や靭帯などが緊張して疲労することにより炎症を起こした結果起きる腰痛で、慢性腰痛症の多くは筋・筋膜性腰痛といわれています。筋・筋膜性腰痛は、腰部筋筋膜症とか筋筋膜炎とも呼ばれます。筋・筋膜性腰痛はギックリ腰として椎間関節性腰痛に次いで多い病態です。

筋・筋膜性腰痛症は、長時間同じ姿勢でいるデスクワークや長時間の車の運転など日常の筋肉疲労が原因とされ、検査をしても脊椎の異常がないことも多いです。筋膜性腰痛が慢性化(いわゆる慢性腰痛症)すると腰痛を繰り返したりしますので、日頃の姿勢や生活習慣を改善することが大切です。

腰痛の中には、脊椎や内臓の疾患が原因になっていることがありますから、ただの腰痛と決め付けないで、整形外科の専門医の診察を受けて正しい診断のもとに治療することが大切です。

 - 筋・筋膜性腰痛

PC用

PC用

  関連記事