腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰痛にグルコサミンとコンドロイチン

加齢による膝の痛みなどに効くといわれているグルコサミンやコンドロイチンは、腰痛にも効果があるといわれています。グルコサミンとコンドロイチンは軟骨に含まれる成分の一部として存在するもので、関節痛に対するサプリメントでもよく耳にする成分です。

グルコサミン

グルコサミンは関節の軟骨再生を助けて関節を滑らかにし、関節の曲げ伸ばしをスムーズにして運動機能を改善します。グルコサミンは、人の体では、特に、軟骨、腱、爪、皮膚などに広く分布しています。

グルコサミンを含む食品:えび・かに、鶏手羽先、ナガイモ、ヤマノイモなどがあります。
グルコサミンは天然アミノ酸の一種です。

コンドロイチン

加齢とともに関節の軟骨がすり減って痛みがでます。コンドロイチンは加齢とともに不足しがちな成分です。コンドロイチンは関節の軟骨の保水力を高めて関節を柔軟にし、軟骨がすり減ることを抑制するといわれています。

コンドロイチンを含む食品:はも、スッポン、納豆、山芋、オクラ、なめこなどがあります。

※抗凝固薬(ワルファリンやヘパリンなど)を服用している場合、コンドロイチンやグルコサミンの摂取で出血リスクが高くなる可能性があるとの指摘があります。

 - 腰痛に良い食品・栄養素

PC用

PC用

  関連記事