腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰痛にビタミンB12・葉酸

ビタミンB12・葉酸・メコバラミン(活性型ビタミンB12)が神経細胞の修復を促進します。神経の傷の修復を促すことで腰痛や痺れを和らげます。

ビタミンB12で腰痛予防

ビタミンB12は、葉酸に作用して赤血球のヘモグロビン合成を助け、神経細胞の修復にも関与します。ビタミンB12が不足すると、悪性貧血や、神経障害(知覚障害、頭痛、神経痛、腰痛、手足のしびれなど)を引き起こします。痛みや痺れを改善するには神経を修復しなければなりません。ただ、末梢神経を修復するのに十分な必要量を食事から摂るのは難しいともいわれています。

ビタミンB12を多く含む食品:しじみ、アサリ、筋子、牛レバー、牡蠣(カキ)、ホタルイカ、ハマグリ、ホッケ、サンマ、真イワシ、カツオ、アジなどがあります。動物性食品のみに含まれる栄養素で、体内で最も少ないビタミンです。

メコバラミンと葉酸で腰痛予防

腰痛にメコバラミンと葉酸が良いといわれています。メコバラミンは活性型ビタミンB12です。末梢神経によって痛みなどの刺激が伝わります。メコバラミン(活性型ビタミンB12)は、末梢神経の傷を修復して、腰痛や痺れを和らげるとされています。ビタミンB群の中の葉酸は、このメコバラミン(活性型ビタミンB12)と協力して、神経細胞を修復します。

 - 腰痛に良い食品・栄養素

PC用

PC用

  関連記事