腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰痛にカルシウム

カルシウムとビタミンDを摂ることで骨を丈夫にして、腰痛や関節痛の予防をしましょう。体内にあるカルシウムの99%は骨・歯などにあって、残りは、血液・筋肉・神経などの組織に存在します。カルシウムは、神経系・筋肉系の働きを司るミネラルで、骨だけでなく生命維持・活動に重要な栄養素です。カルシウム不足で骨粗鬆症や神経過敏症のリスクが高くなるのはもちろんのこと、血管を老化させて高血圧・動脈硬化・心臓病・脳血管障害などの引き金になります。

リンの摂取が必要以上になるとカルシウムの吸収が悪くなります。添加物としてリンが含まれている清涼飲料水・インスタント食品・加工食品の摂りすぎに注意が必要です。血液中には一定の量が必要で、血液中のカルシウムが減少すると、骨からカルシウムを補おうとして、骨からカルシウムが溶け出して骨内のカルシウム量が減少します。

カルシウムを多く含む食品:小魚、干しエビ、牛乳、乳製品、海藻類、ひじき、切干大根、ゴマ、緑黄色野菜などがあります。

カルシウム吸収を助けるもの阻害するもの:カルシウム吸収を助けるものに、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンC、イオウ、ケイ素、コンドロイチン硫酸があります。また、カルシウム吸収を阻害するものは、リンや塩分、カフェイン、過度のアルコール、煙草のニコチンです。

 - 腰痛に良い食品・栄養素

PC用

PC用

  関連記事