腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

立つ・歩く姿勢で腰痛予防

日常生活の中の何気ない立つ姿勢や歩く姿勢を意識してください。正しい立ち姿勢や歩く姿勢が腰痛予防になります。どんな姿勢で立っていますか?どんな姿勢で歩いていますか?

立ち方を正して腰痛を予防

腰痛予防の一つ、良い立つ姿勢のご紹介です。良い姿勢での立ち方は、軽く顎を引いて、背筋と膝を伸ばして、お腹を引っ込めて立ちます。

 立ち方の目安

壁に背中をあてて立ちます。この時に、後頭部・肩甲骨・お尻(仙骨)・踵が壁について、腰の後に手が入るくらいが正しい姿勢です。これにより背骨(脊柱)がS字を描くことになります。
腰の後に楽に拳が入る状態は腰椎が湾曲しすぎています。また、腰に手が入らないらないようなら湾曲が足りないことになります。

 立ち方の姿勢チェック

次の立ち方をしているなら、良い姿勢に正してください。

  • 体が反りすぎている(お腹を突き出した姿勢)
  • 猫背になっている
  • 顎を引きすぎている
  • 胸をはりすぎている
  • がにまたで立っている
  • 片足に重心が片寄っている

歩き方を正して腰痛を予防

腰痛予防の一つ、歩くときの姿勢のご紹介です。正しい立ち姿勢から足を出して踵から着地して親指で地面をけります。良い姿勢での歩き方のポイントは

  • 軽く顎を引いて、背筋と膝を伸ばします。
  • 前に出した片足は踵から着地して、親指で地面をけります。(体重は踵にかかるようにします)

 歩き方の姿勢チェック

次の歩き方をしているなら、良い姿勢に正してください。

  • 体を斜めにして歩いている。
  • 猫背など背中を丸めて歩いている。
  • 体が反りすぎている。(中高年に良く見られるお腹を突き出した姿勢)
  • 靴を引きずって歩いている。
  • 内股やO脚状態で歩いている。
  • 高いヒールを履いている(3cm以内が良いです。)

 - 腰痛予防対策(姿勢)

PC用

PC用

  関連記事