腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

病院で腰痛治療

病院では保存療法としての薬物療法・理学療法・ブロック療法が治療の基本です。これらの保存療法で腰痛が改善しない場合は手術が検討されます。

病院で行われる腰痛の治療

 薬物療法

腰痛の薬物療法には外用薬と内服薬があります。

○外用薬:アイスパック・ホットパックなどの湿布薬や塗り薬

○内服薬:鎮痛剤・消炎剤になります。ビタミンB12は損傷した神経回復に有効とされています。

 理学療法

腰痛の理学療法には、温熱療法・牽引・運動療法などがあります。

○温熱療法:赤外線・ホットパック・マイクロウェーブなどで、血液の流れをよくして筋肉の緊張をほぐして痛みを和らげます。

○骨盤牽引:腰を引っ張る療法です。腰痛における骨盤牽引の効果は議論があるものの、気持ちがよく安静にはなります。

○装身具療法:腰痛コルセットを着用することで腰椎(脊椎)を安定させて、腰の炎症や痛みを軽減したり腰痛予防または姿勢矯正効果があるとされています。ただし、長期間のコルセット着用は筋肉の衰えを引き起こすため、こまめにはずすなどの注意が必要です。

 ブロック療法

腰痛のブロック療法は、注射によって一時的に腰の痛みを止める治療方法です。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで、神経が圧迫されて痛みが強い場合は神経に局所麻酔をします。また、脊柱管の中に注射する硬膜外ブロックや神経根に注射する神経根ブロックなどがあります。

 手術療法

腰痛の基本治療は保存療法ですが、薬物療法や理学療法などで腰痛が改善しなかったり日常生活に支障がある場合に手術を行うことがあります。100%安全な手術はありませんから、腰痛の手術を安易に受けることは避けたほうが良いです。もう手術しかないという状況になってからの手術がよいと考えられます。
ただし、早期手術が必要な場合もありますから、医師と相談して適切な時期に手術を受けることが大切になります。例えば、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で下肢の麻痺や排尿障害を合併した場合などです。

 - 腰痛の治療

PC用

PC用

  関連記事