腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

急性の腰痛

急性の腰痛は突然症状が現われます。急性腰痛症の多くは中腰で物を持ち上げたり軽い打撲やスポーツ障害でおきる、いわゆる「ぎっくり腰」です。急性腰痛症の腰痛は身動きできないほどの激痛であることが多いのですが、通常3~4日で腰痛は軽減し2ヶ月くらいで治ります。圧迫骨折の場合は長期になります。

急性腰痛症から慢性腰痛症に移行することがありますから、適切な診断と治療が大切です。

急性腰痛の種類と原因

ぎっくり腰(急性腰痛症)
椎間関節性腰痛症、筋・筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア

腰椎圧迫骨折
外傷性、骨粗鬆症(骨粗しょう症)、悪性腫瘍

病気が原因の腰痛
感染性脊椎炎や内臓・血管の病気(腎臓結石・尿路結石、膵炎、大動脈瘤など)

 - 腰痛の症状

PC用

PC用

  関連記事