腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

年齢別の腰痛の種類

腰痛を訴える年齢は40歳代がピークで60歳代から減少しますが、年齢によって腰痛の種類・原因に特徴があります。子供から中高年までの腰痛の傾向は、およそ次の通りです。

子供~20歳代の年齢の腰痛

○小中学生の年代に多い腰痛:筋膜性腰痛症、脊椎分離症
この年代の腰痛の診断には本当の腰痛かどうかの見極めが必要のようです。精神的に未熟なために心因的要因から腰痛を訴えることがあります。

○年齢10歳中頃~20歳代に多い腰痛:慢性腰痛、腰椎椎間板症、腰椎椎間板ヘルニア
子供時代の脊椎分離症が原因で慢性腰痛になることがあります。また、椎間板にストレスがかかり腰椎椎間板症から腰椎椎間板ヘルニアに進行することがありあす。これは、激しいスポーツや、立位・座位の姿勢がつづくことにより椎間板に変性がおきると考えられます。

女性の場合は女性特有の臓器に起因する腰痛があります。脊椎とは関係なく臓器の痛みによる内臓皮膚反射とよばれる状態と考えられます。

30歳~40歳代の年齢の腰痛

○年齢30歳~40歳代に多い腰痛:急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間関節症、脊椎すべり症、腰部脊柱狭窄症、変形性腰椎症

この年代の慢性腰痛はそれまでの慢性腰痛の延長線上にあると考えられます。また環境によって腰へのストレスの度合いが異なりますから腰痛に個人差があります。妊娠出産の時期の女性の場合は腰痛を訴える人もいます。

50歳以上の年齢の腰痛

○年齢50歳以上に多い腰痛:慢性腰痛、変形性腰椎症、骨粗鬆症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間関節症、脊椎すべり症、腰部脊柱狭窄症

この年代になると加齢に伴う代謝・筋力の低下や脊柱の変性による腰痛が増えます。椎間板の変性や骨密度の低下などから様々な腰疾患があり、今までの腰部疾患で無症状であったとしても自覚症状として腰の痛みを感じるようになることも多くなります。代表的な腰痛に変形性腰椎症や骨粗鬆症があげられます。ですが、筋力維持をしたり食生活の見直して積極的に腰痛対策をする努力次第で腰痛を改善することは可能です。

 - 腰痛の原因

PC用

PC用

  関連記事