腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

「腰痛情報館」一覧

続きを読む

腰部脊柱管狭窄症の治療

腰部脊柱管狭窄症の治療は基本的に患部の血液循環の改善をする保存療法です。神経の圧迫だけでなく神経周囲の血流障害でも症状が出ますので、痛みを緩和したり血流を促す…

続きを読む

腰部脊柱管狭窄症の検査診断

腰部脊柱管狭窄症の検査は主に腰椎レントゲンとMRIなどです。レントゲン検査で、脊椎の変形・脊椎骨のずれの程度や骨粗鬆症の有無を調べます。MRI検査で、椎間板突…

続きを読む

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症は、中心型狭窄(脊柱管の中心で圧迫される)と神経根が圧迫される外側型狭窄があります。また、腰部脊柱管狭窄症は間欠性跛行を主な症状として、さらに…

続きを読む

腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症は、変形性脊椎症(変形性腰痛症)、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症、変性すべり症、脊柱靱帯骨化症など様々な脊椎の疾患が原因でおきます。程度…

続きを読む

腰部脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で脊柱管が狭くなって脊柱管の中にある神経が圧迫されておこるものの総称です。50歳代から症状が現われ60~70歳代で重症化する傾向…

続きを読む

腰椎椎間板ヘルニアの手術

腰椎椎間板ヘルニアの基本的治療方法は保存治療ですが、保存治療で改善が見られず日常生活に支障がある、排尿・排便が困難な膀胱直腸障害がある、重度の神経症状(運動麻…

続きを読む

腰椎椎間板ヘルニアの保存治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法は基本的に保存療法です。腰椎椎間板ヘルニアの急性期は安静にしていることが最も大切です。腰椎椎間板ヘルニアの保存療法には、安静・コル…

続きを読む

腰椎椎間板ヘルニアの検査診断

検査の結果で椎間板が突出して神経が圧迫されることによる腰痛と下肢の痛みの二つの症状がある場合に腰椎椎間板ヘルニアと診断されす。基本的に腰痛があっても下肢痛がな…

続きを読む

腰椎椎間板ヘルニアの原因症状

腰椎椎間板ヘルニアの原因は加齢による椎間板の変性や環境的因子があります。椎間板は20歳すぎ頃から年齢とともに弾力がなくなっていきます。そこに不自然な姿勢や腰に…

続きを読む

腰椎椎間板ヘルニアの種類

腰椎椎間板ヘルニアは脱出のしかたで脱出型ヘルニア(椎間板の髄核が脱出)と膨隆型ヘルニア(椎間板が膨隆)に大別されます。脱出型ヘルニアは線維輪に生じた亀裂から髄…