腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

変形性脊椎症とは

変形性腰椎症は変形性脊椎症の一つです。変形性脊椎症は腰部や頚部に多く、それぞれ変形性腰椎症と変形性頚椎症と呼びます。
変形性脊椎症は主に加齢に伴う椎間板・椎間関節の変性、骨棘の形成、靭帯の肥厚などの脊椎の変性・変形が原因ですが、肥満や背骨に負担のかかる生活習慣が変性の進行を早めます。変形性脊椎症は中年以降の男女で好発し、男性のほうが女性よりも多いようです。

変形性脊椎症の症状は運動の制限が特徴で、脊椎の変性・変形の部位によって痛みや痺れなどの症状が現れる部位は異なります。変形性頚椎症では、後頭部痛・肩関節痛・背中の痛み・腕の痛みや痺れなどの知覚異常が現われます。変形性腰椎症では、腰や足の痛みが主な症状で、足の痺れを伴う場合は腰部脊柱管狭窄症と診断されることがあります。

 - 変形性腰椎症

PC用

PC用

  関連記事