腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰椎変性すべり症の原因症状

腰椎変性すべり症と腰椎分離すべり症の違いは、腰椎変性すべり症では腰椎分離すべり症のような椎骨の分離がないことです。腰椎変性すべり症の原因は加齢による老化現象で、靭帯・椎間板・椎間関節の変性が進んで腰椎の支えが緩んだ状態になり、たとえば腰椎4番の下関節突起部分が腰椎5番の上関節突起部分を乗り越えてずれてしまいます。

腰椎変性すべり症は女性の高齢者に多く、女性ホルモンの減少による骨粗しょう症の進行が関係していると考えられています。また脊椎の安定に大切な椎間関節が形態的に弱い人に多く起こりやすいともいわれています。

腰椎変性すべり症の症状は主に、腰痛、下肢痛、下肢の痺れです。座っているなど安静にしている時は症状はあまりないのですが、立つ・動く・歩くなどの動作で痛みや痺れが強くなります。腰椎変性すべり症が進行すると安静にしていても痛みの症状がでるようになります。
腰椎変性すべり症は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を合併することが多くあります。椎間板ヘルニアによる神経根の圧迫によって坐骨神経痛の症状がでることがあります。また、脊柱管狭窄症による脊柱管の圧迫によって間欠性跛行(歩行によって下肢痛やしびれ感が現れ、休むと軽快する)の症状が出ることがあります。
腰椎変性すべり症が起こる部位は馬尾神経がまとまってある部分でもあります。そのために、脊柱管狭窄症による馬尾神経の圧迫症状として排尿排便障害が出ることがあります。また、会陰部障害(会陰部の痺れ感)がでることもあります。

 

※馬尾神経は排尿排便の機能を支配しています。

※腰椎は第1腰椎から第5腰椎からなっており、腰椎変性すべり症の好発部位は腰椎4番です。

 - 腰椎すべり症

PC用

PC用

  関連記事