腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症は、変形性脊椎症(変形性腰痛症)、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症、変性すべり症、脊柱靱帯骨化症など様々な脊椎の疾患が原因でおきます。程度に個人差がありますが、腰部脊柱管狭窄症はの多くは、骨・関節・椎間板・靭帯など脊椎の加齢による変化(老化現象)で、誰にでもおこる可能性がある腰の疾患です。
脊柱管が狭くなると、脊柱管の中にある神経を圧迫して腰痛や下肢の痛み・痺れの症状がでます。脊柱管を通る神経栄養血管も圧迫されて血流が低下することも関係していると考えられています。また、脊柱管を裏打ちしている靭帯も年齢とともに厚くなっていきます。

脊柱管とは、脊椎のほぼ中央にある縦方向の筒状の管で、その中に脳からの命令を下半身に伝えたり、下半身の感覚を脳に伝える脊髄や馬尾などの神経を保護しています。馬尾神経は枝分かれして神経根を形成しています。脊柱(背骨)は身体を支える働きと、手や足などを支配する神経を保護する重要な働きをもっています。

 - 腰部脊柱管狭窄症

PC用

PC用

  関連記事