腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰椎椎間板ヘルニアの検査診断

検査の結果で椎間板が突出して神経が圧迫されることによる腰痛と下肢の痛みの二つの症状がある場合に腰椎椎間板ヘルニアと診断されす。基本的に腰痛があっても下肢痛がなければ腰椎椎間板ヘルニアとは診断されません。

問診の後に検査が行われます。病歴を含む問診はヘルニアであるかどうかの推定において重要ですから、どこが痛い・いつから痛い・痛みの程度・どんな姿勢で痛い・どんな痛み・足に痺れがないか・病歴などを受診前にまとめておくとよいです。

腰椎椎間板ヘルニアの検査には幾つかありますが、膝を伸ばしたままで下肢を上げるラセーグテスト(SLRテスト)が重視されています。このテストで椎間板ヘルニアの特徴である坐骨神経痛の有無を確認します。ヘルニアで坐骨神経が圧迫されていれば痛みが現われます。また、ハンマーを用いての腱反射、筋力や知覚検査で神経根の障害部位を確認します。スクリーニング的検査として、単純X線写真による腫瘍・感染・骨折(外傷)の所見がないかの確認をします。これらのテストの結果で椎間板ヘルニアの疑いがある場合、MRI検査・CT検査・脊髄遺影検査などの画像検査をして診断がなされます。

※椎間板ヘルニアの特徴として坐骨神経痛の合併がありますが、腰痛のみの腰椎椎間板ヘルニアの症例もあります。また、骨や軟骨で神経が圧迫されると下肢の症状がでますが、圧迫するものが何かよって診断名が異ります。因みに、中年以降の場合は、椎間板だけでなく周囲の骨も神経を圧迫することで腰痛がおきます。これは腰部脊柱管狭窄症で、多くは変形性脊椎症によるものです。

 - 腰椎椎間板ヘルニア

PC用

PC用

  関連記事