腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰椎椎間板ヘルニアの原因症状

腰椎椎間板ヘルニアの原因として、加齢による椎間板の変性や環境的因子が挙げられます。そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状は腰痛に坐骨神経痛を伴うことが特徴で、腰から足先にかけて痛みや痺れが現れます。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

椎間板は20歳すぎ頃から年齢を重ねるとともに弾力がなくなっていきます。そこに不自然な姿勢や腰に圧力のかかる動作などが積み重なるなどの環境因子が加わわることで、劣化した椎間板が衝撃や圧迫に耐えきれずに、徐々に突出することで腰椎椎間板ヘルニアになり慢性的な腰痛がおきます。また、ぎっくり腰の発作で一気に椎間板が突出して腰椎椎間板ヘルニアになる場合もあります。
若いときは椎間板に一定の内圧が保たれているためにとび出しやすいともいえます。近年では遺伝的な要因が指摘されており、特に若年者のヘルニアでその傾向が強いといわれています。

腰椎は5個の推骨と5個の椎間板で構成され、クッションの役割をする椎間板の中心には髄核と呼ばれる水分を含んだゼラチン状のものがあり、その周りを線維輪と呼ばれる組織が取り囲んでいます。腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎4番・腰椎5番・仙骨1番の間のヘルニアが最も多いといわれています。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状は脊椎の椎間板による神経圧迫によるものです。坐骨神経痛を伴うことが腰椎椎間板ヘルニアの特徴で、腰痛と下肢痛の症状(腰から足先にかけて痛みや痺れ)が現れます。腰椎5番と仙骨1番の間の椎間板ヘルニアでは、神経根が坐骨神経につながっていますから、大腿骨後面・膝裏側から外側・下肢外側・足の外側にかけて痛みや痺れのある坐骨神経痛を引き起こすことになります。

  • 腰痛・下肢痛があります(主に片側、または片側優勢)
  • 横になっていると楽ですが、安静時でも痛みます
  • 特に前屈姿勢で強い痛みがあります
  • くしゃみや咳でも激痛がおきます
  • 椅子に腰掛けているのが辛い、また座位から立ち上がるのが辛いです
  • 下肢の一部に触っても感覚が鈍い感覚障害・冷感・筋力の低下があります
  • 神経根(脊髄神経)を圧迫するために坐骨神経痛の症状がでます
  • 重度の場合、膀胱直腸障害(排尿障害や便秘)などがおきます

 - 腰椎椎間板ヘルニア

PC用

PC用

  関連記事