腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

ぎっくり腰の急性期をすぎたら

腰の激しい痛みのある急性期が過ぎたころからの治療に温熱療法や牽引療法がありますが、自分でも腰痛体操や日常生活での心がけでぎっくり腰にならない予防対策をします。

ぎっくり腰の急性期の後の治療

  • 温熱療法(患部を温めることで血行を良くして筋肉の緊張をほぐします)
  • 牽引療法(椎間板にかかる負担を軽減して、血行を良くして筋肉の緊張をほぐします)
  • コルセットで腰椎を保護します。腰痛が治まったらコルセットの使用はやめます。
  • ぎっくり腰はくりかえすことがありますので、再発しないように腰痛体操や運動などで腹筋や背筋などを強化します。
  • 肥満は腰への負担が大きく不自然な体勢になりがちです。食事に注意して適度な運動でダイエット(減量)をします。

 - ぎっくり腰(急性腰痛症)

PC用

PC用

  関連記事