腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは、重い物を持ち上げようとした、クシャミをしたなど何気ない動作で身動きができなくなるほどの激痛が腰をおそう急性腰痛症と呼ばれるものです。ぎっくり腰の原因の詳細は不明です。
ぎっくり腰になったり、身近でぎっくり腰になってしまった人への対処は、落ち着いた適切な行動が望まれます。ぎっくり腰になってしまったら先ずは安静ですが、下肢に痺れなどの症状がある場合は緊急の対応が必要です。

ぎっくり腰は、体が冷えている、長時間の同じ姿勢、不自然な姿勢での動作、急に体勢を変える、重たい物をもつ、くしゃみをした時などになりやすいです。
ぎっくり腰は繰り返すことが少なくないため、適切な治療を受けることと、ぎっくり腰にならないための日頃の予防が大切です。ぎっくり腰の予防対策は、腰に負担をかけない体操やストレッチで腰に関わる腹筋・背筋を強く柔軟にして、肥満解消し、日常生活で腰に負担のかからない動作・姿勢を心がけることです。

 - ぎっくり腰(急性腰痛症)

PC用

PC用

  関連記事