腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

筋・筋膜性腰痛の治療予防

筋・筋膜性腰痛の急性期の治療は安静が第一です。筋筋膜性腰痛の急性期のときは腰痛コルセットで腰を固定することで動作を補助したり、鎮痛消炎剤や患部のアイシング(冷却療法)をします。筋筋膜性腰痛の慢性期は、再発の予防として、正しい姿勢・体操・温熱療法・生活習慣を改善することになります。痛み止めの薬や湿布などは一時的に症状を改善するものですから、腰痛の原因が残っていていることを忘れてはいけません。

筋筋膜性腰痛の予防

  • 正しい姿勢を心がけます。
  • 腰痛体操で腰を支える筋肉(腹筋・背筋など)強化し柔軟にします。
  • 腰の筋肉に負担のかかる動作や生活環境を改善します。
  • 作業時には休憩を入れて体操をするなどで筋肉をほぐします。
  • 肥満を解消します。
  • 運動不足を解消します。
  • 腰を冷やさないようにします。
  • 腰に優しい靴を履きます。(踵が高い靴やきつい靴は避けます)

 - 筋・筋膜性腰痛

PC用

PC用

  関連記事