腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰痛予防に水泳・水中ウォーキング

水中では浮力があるため陸上の運動に比べて腰を含む関節への負担少なく、水抵抗による適度な負荷で筋力アップになり、腰痛予防・解消に良いといわれています。
腰痛の場合は、先ずは水中ウォーキングから始めて水泳をすることをおすすめします。泳げない人でも歩くだけならば顔を水につけなくともすみますから、水中ウォーキングをしてみませんか?
強い腰痛があったり腰痛の急性期の場合は安静第一です。腰痛の治療中の場合は、医師の指導のもとに運動をします。運動中に痛みが増したらすぐに中止して医師に相談してください。

水の中で腰痛を予防解消

 水中ウォーキング

浮力があるので比較的安全に運動ができます。10分間に300~500メートルが目安です。

  • おヘソから胸のくらいまでの水深で行います。
  • やや大きめの歩幅で、足はできるだけ高くあげて、踵から着地します。
  • 腕は伸ばして大きくふります。

 水泳

腰痛にはクロール・背泳ぎ・バッククロールが良いといわれています。注意すべきは、背中を反らしすぎないことです。
平泳ぎは腰痛によくありませんから避けましょう。

 - 腰痛予防対策(運動)

PC用

PC用

  関連記事