腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

寝る時の姿勢で腰痛予防

腰痛予防の一つ、寝る時の姿勢のご紹介です。うつ伏せで寝ると腰に負担がかかりますから、リラックスできるとしてもうつ伏せで寝るのはおすすめできません。腰が痛い時は、横向きになってエビの様な寝方が良いといわれています。仰向けで寝るときは膝の下に座布団などを置くと楽です。

起き上がるときも、腰にかかる負担を軽減するように動きます。先ず横向きの体勢になってから、肘や腕で身体を支えるようにして起き上がります。足の反動で一気に起き上がるようなことは避けてください。

寝具にも気をつけましょう。軟らかすぎるベッド・布団や高すぎる枕は、腰と尻が沈んで背骨が不自然に曲がって腰痛の原因または悪化させてしてまいます。またベッド・布団が硬すぎると腰椎の前彎がなくなって腰に負担がかかります。体に合った寝具を選びましょう。睡眠時も自然に正しい姿勢(S字)を保てる寝具選びが腰痛予防対策になります。

 - 腰痛予防対策(姿勢)

PC用

PC用

  関連記事