腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰痛の説明の仕方

腰痛を治療してもらうときは、慢性腰痛でも急性腰痛でも上手く腰痛の症状を伝えて適切な治療をしてもらいましょう。特に、ぎっくり腰など突然の激しい腰痛になったりすると、痛みと不安から上手く説明ができないことがあります。慌てずにできるだけ症状を詳しく伝えましょう。的確な説明はスムーズな治療に繋がります。メモ書きしたものを持参すると、説明のし忘れもなく、安心です。

腰痛の説明の仕方のポイント

  • どこが痛いか(腰の一部が痛い、腰全体が痛い、腰以外も痛い)
  • どんな痛みか(鈍痛、圧痛、熱いような痛み、刺すような痛み)
  • 痛みの強さは(我慢できる痛み、我慢できない痛み、日常生活に支障がでるほどの痛み)
  • 何時、どれくらいの間痛いか(日中・夕方・夜のいずれかで痛い、昼夜関係なく痛い、急性・慢性か、常に痛い、時々痛い)
  • どんな状態で痛いか(同じ姿勢でいるとき、安静にしているとき、、腰を曲げ伸ばしたとき、歩いているとき、立っているとき、座っているとき、寝ているとき、咳やクシャミをしたとき)
  • 腰痛の経験があるか
  • 腰痛以外の病気があるか

 - 腰痛の病院

PC用

PC用

  関連記事