腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

急性期の腰痛は安静に

ぎっくり腰(急性腰痛症)といった腰痛の急性期は安静が第一です。急性腰痛が慢性腰痛に移行することがありますから、適切な治療を受けることが大切です。急性期の腰痛の病院での治療は通常、安静にするよう指導され、湿布・消炎鎮痛剤・座薬・ブロック注射・コルセット・テーピングなどで治療を行います。急性期を過ぎて痛みが和らいできたところで、骨盤牽引・温熱治療などの治療が行われます。

腰痛の急性期は安静が優先されますが、注意が必要な急性の腰痛があります。例えば、内臓性・血管性の病気による急性腰痛です。腹部大動脈瘤などは緊急の手術が必要になったりします。また、腰部椎間板ヘルニアの初期・圧迫骨折・重度のすべり症の場合では、ぎっくり腰の症状に似た症状が現れます。急性腰痛になったときは、慌てず落ち着いて、症状を見極めて、安静にした後に病院に行くか、すぐに病院にいくか、救急車を呼ぶかの判断が必要です。

急性腰痛の種類

  • ぎっくり腰(急性腰痛症):椎間関節性腰痛症、筋・筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎圧迫骨折:外傷性、骨粗しょう症、悪性腫瘍
  • 感染性脊椎炎
  • 内臓性腰痛・血管性腰痛:腎臓結石・尿管結石(尿路結石)、膵炎(すい炎)腹部大動脈瘤など

 - 腰痛の治療

PC用

PC用

  関連記事