腰痛情報館

腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の痛みの症状・原因・治療・改善・予防方法についての情報です。

腰痛治療の基本(保存療法)

腰痛の基本治療は保存療法で、手術をすることなく腰の痛みを取り除く対症療法と、姿勢の矯正や腰痛体操で、腹筋や背筋に筋肉の強化をする腰痛の再発予防になります。
ぎっくり腰など急性腰痛の場合は安静が優先されます。急性腰痛では先ずは腰の痛みを軽減することになり、その後にリハビリで腰痛予防をします。腰の痛みの程度によってやブロック注射などで痛みを和らげたり、コルセットで腰を固定したりします。

腰を温めるか冷やす時期は、急性腰痛には冷やし、痛みなどがある程度おさまっている慢性腰痛は温めます。ただし、慢性腰痛であっても熱感があるときは冷やします。

保存療法では症状が改善せず日常生活に支障がある場合は、手術療法が検討されます。

腰痛治療の基本は保存療法

  • 安静
  • 薬物療法(外用薬・内服薬)
  • 理学療法(牽引)
  • 装具療法(コルセット着用)

 - 腰痛の治療

PC用

PC用

  関連記事